おしらせNEWS

今日は、パティスリー レ モワノー オーナーシェフでパティシエールの勝本真理さんの京都のお店とDTCをオンラインで繋いで、アートスクールを行いました。

みんながそれぞれ考えてきた、誰にクッキーを贈るのかを、自己紹介も兼ねて発表し、クッキー作りがスタート。

勝本さんからは、まず一言。
「お菓子作りは、材料の計量もきっちり行わないと、出来上がりが大きく左右されます。」
そう、お菓子作りは繊細な作業なのです。

無塩バターを混ぜる、卵を入れて混ぜる、薄力粉をふる、どれも力がいる作業で黙々と作業が進みます。途中経過はカメラを通して、勝本さんに都度確認。どの過程も大切なんですね。

そして、やっとたどりついたクッキー生地絞り。
勝本さんがモニター越しに見せてくださった、丸い型やハート、クマの作り方がかわいい!丁寧に教えていただいたので、みんなしっかり型を作ることができました。

クッキー型ができたら、ジャムやアーモンド、カシューナッツなどを自由にトッピング。クッキーの型、トッピングとここがオリジナルクッキーの大事なところなので、みんな集中モード。黙々と作業をする様子に、勝本さんも驚かれていました。

そして、肝心のクッキ-の出来具合は...
ジャーン、みごとみんなきれいに焼きあがりました!
焼き上がったクッキーは、缶につめて、メッセージを書いたカードも添えて、ラッピング。

それぞれの大好きな人にあてた、とっておきのプレゼント、どんな顔をして喜んでもらえたのでしょうか?みんなが今日のことを話しながら、また楽しくクッキー作りをしてもらえたら、嬉しいです。

勝本さま、お忙しい中、ありがとうございました!

今回は、THEATRE for ALLさんの企画で
有名な昔話『ももたろう』をテーマにした講座
『『ももたろうのつづき』のつづきを作ってみよう!』が開催されました。

まずは、みんなで自己紹介。
実際にみんなが考えた『ももたろうのつづき』を
演じてくださる範宙遊泳さんと、参加者が、
名前と好きな物語を発表していき、交流を深めたあと、ワークが始まります。

今回参加者のみなさんは
「だれが」「どういうことを言って」「どうなったか」
を軸に、どのように物語が展開するかを考え俳優さんに伝える
“脚本”と”演出”を担いました。

そして、その発言を元にその場で範宙遊泳さんがすぐに演じてくださるのですが
俳優さんの演技を間近で見させていただき、
生の舞台の魅力に皆がぐっと引き込まれているのが印象的でした。

物語は、ももたろうとハシビロコウが
オニ子ちゃんを退治しに鬼ヶ島へ向かったけれど、
ハシビロコウがオニ子ちゃんを好きになってしまい、
ももたろうとハシビロコウの喧嘩が勃発・・?!
という、驚きの展開からスタート。

ふかふかのベッドを取り合ったり、新しい恋?が始まったり
なぜか宇宙へ飛んで行ったりと、
子供たちの奇想天外な発想力と、範宙遊泳さんのアドリブ力の化学反応で
子どもも大人も笑い声が飛び交いながら物語がつづいていきます。

演出家の山本卓卓さんが
一人一人の参加者と向き合ってしっかりと意見を聞いてくださり、
全員の”脚本”と”演出”を表現することができた、充実の講座となりました。

今日は、NO YOUTH NO JAPANのお二人、林 怜奈さんと安澤 朱織さんをお招きして、アートスクールを開催しました。

お互いの簡単な自己紹介のあと、そもそも「ルールって何だろう?」を説明した動画を鑑賞。
観賞後、みんなでルールとは何かを考えてみました。
普段、耳にする言葉ではあるけれど、あらためて考えてみると、どんなことなのか?
みんなの口からは、いろいろな意見が出てきます。

自分が守らされているルールはこれ、
でも、それはなぜ守っているのか?、
守るのはなぜなのか?

そんな中で、「ルール」と「マナー」の違いについて、みんなの議論が白熱。
この2つ、何が違うのでしょうか。
あえて答えは提示せず、議論を深めていくと、
「ルールは守らなきゃいけないことで、
マナーは守らなくても他の人にあまり迷惑がかからないこと」
「ルールは守らないと、罰がある」
「ルールというお腹の中に、マナーというこどもがいる」
などなど、こちらもハッとさせられるような意見が挙がりました。

最後は、この話し合いと目安箱に入れてもらった意見をまとめて、
DTCルール案をまとめました。
*DTCマナー案も出ました(拍手!)。

みんなからの提案については、スタッフで話し合い、結果はこちらで報告しますね。

これまで、ルールはただ守るべきことだったのかもしれないけど、
これからは、そもそもなぜそのルールがあるのか、
疑問に感じたら、何か一つでも行動を起こしてみる、
今日の講座が、そんなきっかけになったら嬉しいです。

NO YOUTH NO JAPANのお二人、お忙しいなか、ありがとうございました!

<7.6追記>
採用ルールが決まりました!

・ガムテープを貸し出してほしい
 →夏休み期間中、ダンボール工作をするこどものみ利用可能とします。
   ただし、ガムテープがなくなり次第終了です!

・パソコンやタブレットの使う時間は30分~1時間に変えてほしい
 →パソコン、タブレットの利用時間は最大1時間なので、30分でもOK。

・バスケをやりたい
 →ミート・ザ・クリエイターズでバスケ講座ができるよう、準備してみます。

・水遊びのワークショップをやりたい
 →8/29に水遊びワークショップを行います。

 

 

8月の「アートスクール」のお申込み受付を
本日7月1日(金)13:00〜スタートしました。

 

8月のアートスクールは

 

・Wearing Art 世界に一つだけの着れるアートT-SHIRTSを作ろう!

・古いものを使って、新しい未来を作ろう!

・ダンスを通して日本の夏を満喫しよう!

 

こちらの3講座をラインナップ!
多様な価値観に出会える機会に、ぜひお申し込みください。

 

——————————————————————————————————-

8月アートスクール
申し込み受付期間:2022年7月1日(金)13:00 〜  7月15日(金)20:00(抽選制)

※毎月2講座までお申し込み可能です。
※定員に空きがあれば、受付期間以降もお申込み可能です。

——————————————————————————————————-

 

●8月11日(木・祝)14:00〜16:00(2H)

『Wearing Art
世界に一つだけの着れるアートT-SHIRTSを作ろう!』

小町渉 / アーティスト


Wataru komachi × jouetie Collaboration

 

対 象|小学生以上〜25歳までの学生
持ち物|汚れても良い服装やエプロンなど
参加費|300円

 

▶︎お申し込み・詳細ページはこちら>>>

 

 

●8月13日(土)14:00~16:30(2.5H)

『古いものを使って、新しい未来を作ろう!』

荘子it(Dos Monos) / トラックメイカー・ラッパー

対 象|小学生以上〜25歳までの学生
持ち物|サンプリングしたいレコードや音源
参加費|なし

▶︎お申し込み・詳細ページはこちら>>>

 

 

●8月14日(日)14:00~16:00(2H)

『ダンスを通して日本の夏を満喫しよう!』

Chikako Takemoto/ダンサー、ビジュアルアーティスト

対 象|小学生以上〜25歳までの学生
持ち物|飲み物、タオル
参加費|なし

▶︎お申し込み・詳細ページはこちら>>>