おしらせNEWS

7月のミート・ザ・おやつは、

事前予約制でzoom(Web会議サービス)を使用して
ご自宅からご参加いただくオンライン講座を開催します。

 

7/29(木)14:00〜15:30 <オンライン開催 / 事前予約制>
鬼崎翔大 / 浮雲シェフ、ヤンヤン飯店ディレクター、ソーシャルキッチンパートナーシェフ
May the 麻婆 be with you

講座の事前お申し込みを、7月1日(木)13:00〜スタートします。

講座当日は、代官山ティーンズ・クリエイティブで計量済みの材料を受け取って、
ご自宅からオンラインワークショップにご参加ください。
講師の方の実演をご覧いただきながら麻婆豆腐を作りましょう!(事前予約制)

■”オンライン”ミート・ザ・おやつ 申し込み期間■
2021年7月1日(木)13:00~
>>>お申し込みはこちら

 


 

学校帰りにお腹を空かせて遊びに来る
みんなで一緒におやつを作って食べましょう。
「こども」と「テーブル」を囲んで、
おいしいにおいの漂うひとときをみんなで創っていきましょう。

アレルギー表記に関しまして、ご参加の際に受付にてご確認ください。

 

***これまでのミート・ザ・おやつの様子***
・2021年6月のフォトレポート
・2021年5月のフォトレポート
・2021年4月のフォトレポート
・2021年3月のフォトレポート
・2021年2月のフォトレポート
・2021年1月のフォトレポート
・2020年12月のフォトレポート
・2020年11月のフォトレポート
・2020年10月のフォトレポート
・2020年9月のフォトレポート
・2020年8月のフォトレポート
・2020年7月のフォトレポート
・2020年6月のフォトレポート
・2020年2月のフォトレポート
・2020年1月のフォトレポート
・2019年12月のフォトレポート
・2019年11月のフォトレポート
・2019年10月のフォトレポート
・2019年9月のフォトレポート
・2019年8月のフォトレポート
・2019年7月のフォトレポート
・2019年6月のフォトレポート
・2019年5月のフォトレポート
・2019年4月のフォトレポート
・2019年3月のフォトレポート
・2019年2月のフォトレポート
・2019年1月のフォトレポート
・2018年12月のフォトレポート
・2018年11月のフォトレポート
・2018年10月のフォトレポート
・2018年9月のフォトレポート
・2018年8月のフォトレポート
・2018年7月のフォトレポート
・2018年6月のフォトレポート
・2018年5月のフォトレポート
・2018年4月のフォトレポート

・2018年3月のフォトレポート
・2018年2月のフォトレポート
・2018年1月のフォトレポート
・2017年12月のフォトレポート
・2017年11月のフォトレポート
・2017年10月のフォトレポート
・2017年9月のフォトレポート

・2017年8月のフォトレポート
・2017年7月のフォトレポート
・2017年6月のフォトレポート
・2017年5月のフォトレポート

・2017年4月のフォトレポート

・2017年3月のフォトレポート
・2017年2月のフォトレポート
・2017年1月のフォトレポート
2016年12月のフォトレポート
2016年11月のフォトレポート
2016年10月のフォトレポート
2016年9月のフォトレポート

***ご協力いただいている方々***

・手の長いおじさんPROJECT
手の長いおじさんPROJECTの陶芸家さんより、器のご提供をいただいております。

img_5128
header-500x143
■ 手の長いおじさんプロジェクトとは
先頃の震災は、自らの生活にもいろいろな影響をもたらし、我々が本来あるべき暮らしとは何かと思いをめぐらすきっかけになりました。それ以来わたしたちは、次代を担う子どもたちに何を伝えればよいのか? このようなテーマを常に考えてきました。
幸い、ものづくりの仲間が私たちの近くにおり、環境に配慮した素材を用い、極力自然の流れに忠実に、本当の豊かさを追求した手仕事を続けています。
そこで、彼らの作品で使用に問題はないが、少し傷が入ってしまって販売できないものや販売余剰品等を、子どもたちが集う各種施設にお配りしたいと考えました。
それらを使っていただくことで、環境や自然への興味が湧き、将来への豊かな暮らしへの助力となれば幸いです。http://tenaga-project.jimdo.com

■ 作り手より
あの日以来、「僕たちが僕たちとしてできること」を真剣に考えてきました。
僕たちは器を作るのが仕事です。だから子どもたちに器を送ります。支援や寄付ではなく、様々な子どもたちに僕たちの器を使ってもらいたいと思いました。置かれている環境は色々あると思いますが7代先の孫の代まで、僕たちが考えて学んだことを子どもたちに繋げたいと思っています。子どもたちの純真さは世界を癒す想像力の種です。将来、子どもたちの夢のひとつに、僕たちの仕事が選択肢として入ることになったら幸いです。
〈 ガラス工芸家 石川昌浩(石川硝子工藝舎)〉

■ この会の趣旨に賛同する作り手
石川昌浩(ガラス工芸家)、井上尚之(陶芸家)、松本行史(木工芸家)、坂本創(陶芸家)、他

 

・大地を守る会

食材や調味料などの一部をご提供いただいています。

pky15x02_0103

daichi
■ 大地を守る会とは
日本の第一次産業を守り育て、人々の生命の健康を守り、持続可能な社会を創造することを理念とした企業です。
自然環境と調和した、生命を大切にする社会の実現のために、安全性とおいしさにこだわり、安心できるモノとサービスを拡充し、「つながる食と暮らし」を提案します。
http://www.daichi-m.co.jp

 

***************

2016/11/1(火)より、
こども食堂の広がりをきっかけに、新しい地域の形、新しい子育ての形を作っていくことを呼びかける「渋谷区こどもテーブル」サイトがオープンしました!
http://shibuyaku-kodomo-table.jp/

 

本日は、第2回目の「建築ラボ」を開催しました。

「DTCを建て替えるという」今回の課題において
「施主」として、DTCの各フロアを実際に見て、気づいたことや、
来館している子どもたち・DTCスタッフにインタビューをして、
希望、要望をヒアリングしながら、「こんなDTCにしたい!」という意見を、
まとめていきました。

平面図に、様々な意見を落とし込みながら
浮かんでくるイメージを、具体的に設計して書き込む子も!
長年通っているからこそ思っていた要望や、
新鮮な目線だからこそ気づくポイントなどいろんなアイデアが出ました。

今日のリサーチを踏まえ、次回はどんなデザインにしていくのか
参考になるイメージ画像を集めつつ、設計に向けて準備していきます。

spud YOUTH側も、ようやく情勢が落ち着き、
無事、全面開放して子どもたちが戻ってきているとのこと。

イギリスチームとも互いの近況を報告しあいながら、
「ラブレター」作成に向け、このプロジェクトを進めていく予定です。

<English below>
Today, we held the second “Architecture Lab”.
In this task of “Rebuilding DTC”, we actually saw each floor of DTC and interviewed the staff and the children, who were visiting, to listen to their requests. At the same time, I summarized the opinions that “I want DTC to be like this!”

Some children specifically designed and drew images on the floor plan based on various opinions!
They provided various ideas, such as requests by familiar children and fresh thoughts.

Based on today’s research, we will prepare for the next design process while collecting images that will be helpful.
On the spud YOUTH side, the situation has finally settled down, and the children are returning to the hub.

We plan to proceed with this project of making the “love letter” while reporting on each other’s status with the British team.

 

 

2016年9月からはじまった「ミート・ザ・おやつ」
現在は人数を制限した実地講座と
インスタグラムのライブ配信やzoomを使ったオンライン講座の2形態で開催しています。
6月は、かんたんレアチーズクリームでつくるフルーツパフェをzoomで繋がり作りました。
レシピは講座ページでも公開していますのでぜひおうちでチャレンジしてみてくださいね!

6/21 (月)『かんたんレアチーズクリームでつくる、フルーツパフェ
fra..シェフ、料理人 / 新井直之

  

————————————————————————————————

***ご協力いただいている方々***

・手の長いおじさんPROJECT
手の長いおじさんPROJECTの陶芸家さんより、器のご提供をいただいております。
header-500x143
http://tenaga-project.jimdo.com

 

・大地を守る会
食材や調味料などの一部をご提供いただきます。
pky15x02_0103daichi
http://www.daichi-m.co.jp

 

————————————————————————————

渋谷区こどもテーブルとは、
こども食堂を中心とした、親、学校だけでない第3の学びの場として展開されるプロジェクトです。
その一環として、ここ代官山ティーンズ・クリエイティブでは「ミート・ザ・おやつ」をはじめました。

▼渋谷区こどもテーブルに関してはこちら

「カッコいい緑色を描こう」
こんなテーマをもらって、自由に、思うがままに描くことからスタートしました。

「作品は何枚描いてもOK」「ただし、前に描いたものを上回るカッコよさで描こう」
最初のルールに加えて、この2つを合わせた3つが今日のルール。

筆だけでなく、おもちゃや調理器具、サングラス、ビーチサンダル、木の枝、
木材、草の束や木の実などいろいろなものを使って描くことで、
思いもかけないタッチの個性的な作品が続々と描かれました。

そして、自由に描いたはずの緑色が、先生の持ってきてくれた近所のいろいろな植物の緑色に
近いことに驚き、「緑色」といっても本当にたくさんの緑があることを体験しました。

最後は、先生の作品を前に、質問タイム。
絵の描き方から、自分の好きなことを仕事にすることなど、こども達の問いに、
時には専門的な言葉を交えて、真剣に答えていただきました。

自分の道を歩むには、とにかく”続けること”。
続けていくことで、その先が見えてくるのだそうです。
でも、まずはいろいろなことにチャレンジしていく。
その中から続けられることが見つかるのかもしれませんね。