おしらせNEWS

この度、東京都におけるリバウンド防止措置期間終了により、
渋谷区の方針を受け、基本的な感染症対策を講じた上で、10/25(月)より
ルームレンタルの利用可能な人数を緩和させていただくこととなりました。

<ルームレンタル>

4F:創作活動室1、創作活動室2 /利用人数:3名まで
   集会室/館内の利用状況により最大5名まで貸し出し
B1:多目的室 /利用人数:10名まで

引き続き、利用ルールは以下の通りです。

・合唱など大声を出すようなご利用はご遠慮ください。
・楽器等、活動中にマスクの着用が困難な利用はご遠慮ください。(マウスガード、フェイスガードのみは不可)
・キッチンの貸し出しは当面の間、中止とさせていただきます。
・調理、食事、お楽しみ会等、飲食を伴うご利用はできません。
・入れ替えごとの換気とアルコール消毒作業を行います。
・ご予約後も、状況によってご利用いただけない場合がございますが、何卒ご了承ください。

みなさまには引き続きご不便をおかけいたしますが
ご理解、ご協力よろしくお願いいたします。

ーーー

「ご来館のみなさまへ、ご協力とお願い」

1)入場者数の制限
・引き続き人数を制限してご利用いただきます。最大入館者20名までとし、
混み合う際は、お待ちいただく場合がございます。
・なるべく多くの方にご利用いただくため、長時間のご利用はご遠慮いただきますよう、
ご協力をお願いいたします。
・受付や、館内では感染防止のため、人と人との距離を充分とってください。

 

2)健康状態の確認
・来館の際は受付にて、検温いただきます。(非接触型)
・受付にて、お名前とご連絡先電話番号を伺います。
・ご本人やご家族に体調不良の症状が見られましたら、ご来館をお控えください。

 

3)感染防止対策
・必ず、マスクの着用をお願いいたします。
・来館後、石鹸による手洗いをお願いします。
・お茶の提供は控えさせていただきます。マイボトルをご持参ください。
・お食事は当面の間、お控えください。(お菓子類も含む)
・スタッフは毎日全員検温をし、マスクの着用をいたします。
・館内の換気、消毒を定期的に行います。

 

4)講座の形態
・アートスクール、ミート・ザ・クリエイターズは、
人数を制限して実地の開催、場合によりオンライン配信型に切り替えて行っております。
詳細は、各講座のページをご確認ください。

 

5)ルームレンタル
・ルームレンタルのご利用は人数と利用内容を制限しております。
詳しくはこちらをご覧ください。ルームレンタルのご利用につきまして

 

6)その他
・開館時間
平日 13:00〜20:00
土曜10:30〜20:00
日・祝 10:30〜18:00
*小学生はいずれの場合も18:00まで

なお、今後の感染状況等によっては、変更や休館する場合がございますので、
お越しになる際は、WEB、SNS等の最新情報をご確認のうえ
ご来館くださいませ。

ご協力をよろしくお願いいたします。

11月のミート・ザ・おやつは、事前予約制でzoom(Web会議サービス)を使用して
ご自宅からご参加いただくオンライン講座を開催します。

11/15(月)16:30〜18:00
<オンライン開催 / 事前予約制>
Song Ren(ソング レン) / NPO法人SALASUSU ツアー部門マネージャー
カンボジアご飯”ロックラック”を一緒にクッキング

講座の事前お申し込みを、10月25日(月)13:00〜スタートします。
講座当日は、代官山ティーンズ・クリエイティブで計量済みの材料を受け取って、
ご自宅からオンラインワークショップにご参加ください。

講師の方の実演をご覧いただきながら
「カンボジア風ソースで味付けをしたサイコロステーキ × 目玉焼き × ご飯」の
組み合わせが美味しいカンボジアご飯を作りましょう!(事前予約制)

■”オンライン”ミート・ザ・おやつ 申し込み期間■
2021年10月25日(月)13:00~2021年11月8日(月)20:00

>>>お申し込みはこちら

 

***これまでのミート・ザ・おやつの様子***
・2021年10月のフォトレポート
・2021年9月のフォトレポート
・2021年7月のフォトレポート
・2021年6月のフォトレポート
・2021年5月のフォトレポート
・2021年4月のフォトレポート
・2021年3月のフォトレポート
・2021年2月のフォトレポート
・2021年1月のフォトレポート
・2020年12月のフォトレポート
・2020年11月のフォトレポート
・2020年10月のフォトレポート
・2020年9月のフォトレポート
・2020年8月のフォトレポート
・2020年7月のフォトレポート
・2020年6月のフォトレポート
・2020年2月のフォトレポート
・2020年1月のフォトレポート
・2019年12月のフォトレポート
・2019年11月のフォトレポート
・2019年10月のフォトレポート
・2019年9月のフォトレポート
・2019年8月のフォトレポート
・2019年7月のフォトレポート
・2019年6月のフォトレポート
・2019年5月のフォトレポート
・2019年4月のフォトレポート
・2019年3月のフォトレポート
・2019年2月のフォトレポート
・2019年1月のフォトレポート
・2018年12月のフォトレポート
・2018年11月のフォトレポート
・2018年10月のフォトレポート
・2018年9月のフォトレポート
・2018年8月のフォトレポート
・2018年7月のフォトレポート
・2018年6月のフォトレポート
・2018年5月のフォトレポート
・2018年4月のフォトレポート

・2018年3月のフォトレポート
・2018年2月のフォトレポート
・2018年1月のフォトレポート
・2017年12月のフォトレポート
・2017年11月のフォトレポート
・2017年10月のフォトレポート
・2017年9月のフォトレポート

・2017年8月のフォトレポート
・2017年7月のフォトレポート
・2017年6月のフォトレポート
・2017年5月のフォトレポート

・2017年4月のフォトレポート

・2017年3月のフォトレポート
・2017年2月のフォトレポート
・2017年1月のフォトレポート
2016年12月のフォトレポート
2016年11月のフォトレポート
2016年10月のフォトレポート
2016年9月のフォトレポート

***ご協力いただいている方々***

・手の長いおじさんPROJECT
手の長いおじさんPROJECTの陶芸家さんより、器のご提供をいただいております。

img_5128
header-500x143
■ 手の長いおじさんプロジェクトとは
先頃の震災は、自らの生活にもいろいろな影響をもたらし、我々が本来あるべき暮らしとは何かと思いをめぐらすきっかけになりました。それ以来わたしたちは、次代を担う子どもたちに何を伝えればよいのか? このようなテーマを常に考えてきました。
幸い、ものづくりの仲間が私たちの近くにおり、環境に配慮した素材を用い、極力自然の流れに忠実に、本当の豊かさを追求した手仕事を続けています。
そこで、彼らの作品で使用に問題はないが、少し傷が入ってしまって販売できないものや販売余剰品等を、子どもたちが集う各種施設にお配りしたいと考えました。
それらを使っていただくことで、環境や自然への興味が湧き、将来への豊かな暮らしへの助力となれば幸いです。http://tenaga-project.jimdo.com

■ 作り手より
あの日以来、「僕たちが僕たちとしてできること」を真剣に考えてきました。
僕たちは器を作るのが仕事です。だから子どもたちに器を送ります。支援や寄付ではなく、様々な子どもたちに僕たちの器を使ってもらいたいと思いました。置かれている環境は色々あると思いますが7代先の孫の代まで、僕たちが考えて学んだことを子どもたちに繋げたいと思っています。子どもたちの純真さは世界を癒す想像力の種です。将来、子どもたちの夢のひとつに、僕たちの仕事が選択肢として入ることになったら幸いです。
〈 ガラス工芸家 石川昌浩(石川硝子工藝舎)〉

■ この会の趣旨に賛同する作り手
石川昌浩(ガラス工芸家)、井上尚之(陶芸家)、松本行史(木工芸家)、坂本創(陶芸家)、他

 

・大地を守る会

食材や調味料などの一部をご提供いただいています。

pky15x02_0103

daichi
■ 大地を守る会とは
日本の第一次産業を守り育て、人々の生命の健康を守り、持続可能な社会を創造することを理念とした企業です。
自然環境と調和した、生命を大切にする社会の実現のために、安全性とおいしさにこだわり、安心できるモノとサービスを拡充し、「つながる食と暮らし」を提案します。
http://www.daichi-m.co.jp

 

***************

2016/11/1(火)より、
こども食堂の広がりをきっかけに、新しい地域の形、新しい子育ての形を作っていくことを呼びかける「渋谷区こどもテーブル」サイトがオープンしました!
http://shibuyaku-kodomo-table.jp/