おしらせNEWS

フランスの定番焼き菓子といえばフィナンシェ。

アーモンドとバターをたっぷり使ったシンプルで美味しい焼き菓子です。

そのフィナンシェをドーナツ型で焼き、

チョコレートをかけてナッツやドライフルーツで飾ってクリスマスのリースに見立てます。

 

もちろんそのまま食べてもよし、おうちに飾ってクリスマスを迎えるのもいいですね。

本格的な焼き菓子作りを一緒に体験してみませんか?

 

▼当日のフォトレポートはこちら

2020.10.24

<2020/11/30追記>
こちらの講座は、現状を鑑み、
みなさまの健康と安全を最優先し中止とさせていただくことになりました。
参加予定だったみなさまにはメールをお送りさせていただいておりますのでご確認ください。
楽しみにお待ちいただいていたところ大変申し訳ございませんが
ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

しめ飾りは新年にむけて、古い年の災いを閉め出し、
新しい年の神様をお迎えする清浄な場所を示す目印として、家庭では玄関先などに飾ります。

今回のワークショップでは、稲作りから手がけた素材を使い、
『鳥お飾り』を藁(わら)を綯(な)い、縄を作るところから制作します。
本格的なしめ飾り作りに挑戦して、2021年の新春を迎えましょう。

2020.10.24

この度、ログロード代官山とコラボレーションした
クリスマスレターワークショップを開催いたします!

詩人の文月悠光さんと言葉を紡ぎ、
完成した詩は、全長220mのログロード代官山の散策路にて
特別に展示していただきます。

大切な人に会えない日々や、一人で過ごすことも多くなった今年ですが、
少しでも心が温まるきっかけになることを願う言葉のイルミネーションを一緒に作りましょう。

 

詩で思いを表現してみませんか。
写真から感じたイメージをことばにしながら、自分だけの詩をつくるワークショップです。
詩で見えてくる、気づかなかった自分の気持ち、新しい世界の見え方——。
ことばを紡ぎだす楽しさを体験してみましょう。

企画:LOGROAD DAIKANYAMA

▼当日のフォトレポートはこちら

2020.10.24

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「型染め」とは、

和紙に模様を彫りぬいた「型紙」を使って、

染料や、防染剤となる糊を布や紙に刷り込んで染める、

日本の伝統的な染色技法です。

 

 

今回は、

来年の干支「丑」をテーマに宮入さんがデザインしたハガキサイズの絵に、

豆汁で溶いた顔料を用いて、お好きな色で染めていただくことを体験していただきます。

手間暇かけて完成した作品は、

お正月にお家に飾っても、

大切な人への年賀状にしてもステキですよ。

▶︎当日のフォトレポートはこちら

2020.10.24