アートスクールART SCHOOL

242『 ことばを表現してみよう 詩のワークショップ 』

文月悠光 / 詩人

この度、ログロード代官山とコラボレーションした
クリスマスレターワークショップを開催いたします!

詩人の文月悠光さんと言葉を紡ぎ、
完成した詩は、全長220mのログロード代官山の散策路にて
特別に展示していただきます。

大切な人に会えない日々や、一人で過ごすことも多くなった今年ですが、
少しでも心が温まるきっかけになることを願う言葉のイルミネーションを一緒に作りましょう。

 

詩で思いを表現してみませんか。
写真から感じたイメージをことばにしながら、自分だけの詩をつくるワークショップです。
詩で見えてくる、気づかなかった自分の気持ち、新しい世界の見え方——。
ことばを紡ぎだす楽しさを体験してみましょう。

企画:LOGROAD DAIKANYAMA


  • 日 時:2020年12月13日(日)14:00〜16:00 (2H)
  • 対 象:小学生高学年以上〜25歳までの学生
  • 参加費:なし
  • 持ち物:なし
  • 申し込み期間:2020年11月1日(日)10:30〜
  • 結果通知:抽選制

予約申し込みはこちら


文月悠光 / 詩人

1991年北海道生まれ、東京在住。 中学時代から雑誌に詩を投稿し始め、16歳で現代詩手帖賞を受賞。 高校3年時に発表した第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』(思潮社)で、 中原中也賞、丸山豊記念現代詩賞を最年少18歳で受賞。 詩集に『屋根よりも深々と』(思潮社)、『わたしたちの猫』(ナナロク社)。 近年は、エッセイ集『洗礼ダイアリー』(ポプラ社)、 『臆病な詩人、街へ出る。』(立東舎)が若い世代を中心に話題に。 NHK全国学校音楽コンクール課題曲の作詞、詩の朗読、書評の執筆など広く活動中。


その他のアートスクール≫     voiceページへ≫