おしらせNEWS

image_ushida2

ヒップホップ。その新しいムーブメントは1970年代、荒廃した街に、生き延びるための技術(アート)として誕生した。そう、ヒップホップは音楽ではなく、カルチャー、生き方であり、大人が言う「現実」への抵抗だ。「俺はここで、俺の現実を生きていく」。その叫びがリズムを構成し、生活と思考を変えていく。この講義では、いまの社会の問題を考えながら、その抵抗としてのヒップホップについて、いろんな曲を紹介しながら話します。

image_ushida1

▼当日のフォトレポートはこちら

<special talk>について
これまでの体験型ワークショップに加えて「世界を澄んだ目でみるために」
「聞くこと。考えること。そして話すこと」を、コンセプトとしたスペシャルトークの講座が8月よりはじまりました。
実際の仕事現場から、プロたちのリアルな声をお伝えしていきます。
special talk講座については、先着順で受付し、定員もありません。
親子での参加も自由となりますので、ぜひこの機会にお申込みください。
※ただし、保護者のみの参加はできません。ご了承ください。

2016.08.24

image_niho_ image_niho1_

光にかざすと、隠れていたことばがあらわれる、しかけつきの手がみをつくるワークショップです。
上の写真をみて伝わるかな。
ことばって、ふだんのおしゃべりや、スマホなんかでよく使ってますよね。
あたりまえで、不思議でもなんでもない、なんて思っているかもしれません。
だけどちょっとした工夫で、ことばにも「驚き」をつくれるんです。
手がみを書くのが好きな人。
友だちに、家族に、好きな人に、直球には恥ずかしくて言えないけど、
「ことばあそびで作ったふしぎな手がみ」でなら、伝えられるかも。

 

▼当日のレポートはこちら

2016.08.24

image_aoyagi1

青柳拓次が贈る、世界を感じ、曲を書くこと、言葉を紡いでいくこと。
作業過程から見えてくる「直感から、直感へ」という想い。
演奏、実演、朗読を交えながら、参加者とディスカッションしていきます。
*参加型コンサート”CIRCLE VOICE”の体験もあります。

image_aoyagi2

<special talk>について
これまでの体験型ワークショップに加えて「世界を澄んだ目でみるために」
「聞くこと。考えること。そして話すこと」を、コンセプトとしたスペシャルトークの講座が8月よりはじまりました。
実際の仕事現場から、プロたちのリアルな声をお伝えしていきます。
special talk講座については、先着順で受付し、定員もありません。
親子での参加も自由となりますので、ぜひこの機会にお申込みください。
※ただし、保護者のみの参加はできません。ご了承ください。

 

▼当日のレポートはこちら

2016.08.24

mainimage_eight

あなたはどんな人ですか? どんなことが得意ですか?
名刺は、初めて会った人に自分を紹介する大切なアイテムです。
自分自身を表現したオリジナルマーク入り名刺をつくって、
名刺交換をして、友だちを増やそう!

自分について理解を深め、名刺のデザインを通して
パーソナルブランディングの考え方をわかりやすく説明します。

subimage_eight

▼当日のレポートはこちら

2016.08.24