おしらせNEWS

色々な種類の紙を選んで、丸めたり、折ったり、思い思いの質感を作ってください。それをドローイングすると、様々な紙の表情が見えてきます。自分だけのアートピースを作りましょう。

 

▼当日のフォトレポートはこちら

2019.06.24

日本にも定着した音楽
ラップミュージックを自分の言葉で作ろう!
まずは詩を書いて、それをリズムにのせる!

1980年代、
ラップが米国で広まり始めた頃、
それまで色々やっていたことで自分に一番しっくりくるやり方がラップでした。

その後の活動はラップから派生しての音楽作りに移行しますが
今でも自分のボーカルスタイルの根底にはラップがあります。

さ、そんな私と一緒にラップを作ってみましょう!
今回は小さいお子さんより、
作文を書いたり、詩を書いたりするのが好きなお子さん
そしてもちろん
虎視眈々とラップを作られている少年少女!
多少の照れがあってイマイチやれない君!
ポイントを押さえながら一緒に作りましょう!
もちろん事前に何か書いてきてもOK!
みなさんとお会いできるのを楽しみにしています

▼当日のフォトレポートはこちら

2019.04.25

”ヒトツの表現は突然、天才のもとに空からふってくるわけではありません。
脈々と続く人間の営為の大きな流れの中にあるのです。”

新しい時代の写真、表現について、カメラオブスキュラの体験を交えて
一緒にお話ししましょう。

カメラオブスキュラとは、ラテン語で暗い部屋を意味します。
DTCの一部屋をピンホールカメラに、お部屋の窓をシャッターレンズとし、
窓を通して覗かれる風景を、カメラオブスキュラでまた違う視点で覗いてみましょう。

 

▼当日のフォトレポートはこちら

2019.04.25

イラストレーター Aki Ishibashiと一緒に100年先、
1000年先の未来をそうぞうして洋服や持ち物、
世界や環境などを描いたり、コラージュして未来人をつくってみよう!

肌の色や目の色はどうなっているか、どんな装置をつかっているか、乗り物は何?

建物や木や山自然はどうなっているのか。

誰にもわからない未来。常識にしばられずに一緒に
未来人を作ってキーホルダーにして持ち歩こう!

▼当日のフォトレポートはこちら

2019.04.25