おしらせNEWS

機械が全部やってくれるデジカメやスマホは失敗なく写真を写す事ができます。

だけど昔ながらのフィルムを使うカメラは全て自分が手作業で時間と体を使わなければ仕上げる事は出来ません。この楽しい体験は皆さんの脳や感性の今まで使われなかった別の部分を刺激する事でしょう。大判カメラで撮影から現像まで挑戦してみましょう。

 

▼当日のフォトレポートはこちら

2019.03.22

 

 

料理をのせていたパイ皿を飛ばしたところからはじまったフリスビー。

「いたずら」のような、「ひらめき」のような「種」から世界にひろがった「あそび」。

「TOKYO FRISBEE PARK」での楽しみかたを、

ストリートフリスビーのパイオニアSpinCollectif TOKYOを主催し、

円形壁と円盤を愛するアラケンと、あそびながらみつける体験会です。

フリスビーから、あたらしい「あそび」のヒントを探してみよう。

2019.03.22

 

あたらしい自分の耳をつくってみよう。

バイノーラル録音のテクノロジーで拡張された耳を通して聞こえる音はど んなだろう?

わくわくドキドキする音を探して、街を探索してみよう。

 ▼当日のレポートはこちら

2019.03.22

演出家として様々な国の演劇に携わり、世界中を飛び回る大谷賢治郎と、映画や舞台、詩や絵本など幅広い分野で活動を続ける音楽家の青柳拓次が導き手となり、

「オト」と「コトバ」でそこでしか生まれない「場」をみんなでつくる、参加型のライブワークショップ。

身近な言葉がもつ「意味」や「音」を用いて、さまざまなワークを行います。

オトコトバヅクリの面白いところは、交わるひとの数だけ、ひとりでは想像しえない世界が開かれていくことです。

想像することからはじまる、オトコトバヅクリ。ちょっと興味があって覗いてみたいなと思っている人も大歓迎。

お気軽にご参加ください!

▼当日のレポートはこちら

2019.03.22