おしらせNEWS

【アートスクール】フォトレポート「映画の見方を学ぼう」伊藤弘了 / 映画研究者=批評家 (2022.5.29)

今日は、映画研究者=批評家の伊藤弘了さんをお招きして、アートスクールを開催しました。

まずは、自己紹介代わりに最近見た映画や好きな映画を話して、挨拶。
映画って、年齢も問わず楽しめるものなんだな、と実感させられました。

お互いのことがわかったら、さっそく課題に取り組みます。
監督になったつもりで、シーンを考えました。
ストーリー、設定、シーンの長さもすべてが自由です。

見事、みんなが立派なシーンを考えてくれました。

さて、ここからが本日のメイン。
伊藤さんが準備してくださったいろいろな映画のシーンを題材に、
撮影方法や小道具の使い方などが、どう演出につながるのかを解説してもらいます。

もっと簡単に表現できることをあえて大変な作業で撮影したり、
一つの見せ方で時間の経過を感じさせることができたり、
登場人物の心の動きすらを映像で見せることができたり。

シーン1つ1つにいろいろな仕掛けがあることを教えてもらいました。
映画の見方の視点が1つ増えるだけで、途端に奥深いものに感じられました。
今日参加してくれたみなさんも、これまでとは違う映画の楽しみ方をしてくれたら嬉しいです。

伊藤弘了さん、お忙しいなか、ありがとうございました。
いろいろな映画をたくさん見ましょうね!

 

 

2022.05.29