おしらせNEWS

【アートスクール】フォトレポート 『黒い雲がこの空を覆わない限り Solar Charging, Sky Gazing』コムアイ / アーティスト 、前川久美 / I JUST,INC 社員 (2022.5.21)

今日は、アーティストのコムアイさん、
オフグリッド型ソーラーパネルを開発された I JUST,INCの前川久美さんをお迎えして
太陽光発電でできんを作る体験と、電気について考えるワークショップを開催しました。電気って何に使われているかな?
電気ってどうやって作られているのかな?
環境に負担のかからない電気の作り方ってどんなのだろう?いろんな質問を前川さんやコムアイさんが投げかけてくださり、

子どもたちも積極的に挙手をして答えます。

「電気がもしなくなったら、生きていけなくなるね!」
「電柱、電車、家電、いろんなところで電気って使われてる!」
「電気ってどんなスピードで家まで来るんだろう?」

 
そうして電気について少し学んだのち、
前川さんが開発された太陽光で発電し蓄電できる
オフグリッド(自給自足型)バッテリーを持ってきていただいたので
子どもたちが持ってきた充電が切れかけているデバイスを繋いで、実際に充電をしてみました。
  
元々は、
代官山ティーンズ・クリエイティブ前にあるログロードさんの屋上へお邪魔し
寝転がってみんなで空を見上げながら、心も身体もソーラーパネルも充電する予定でしたが
残念ながら曇天だったので、代官山ティーンズ・クリエイティブのベランダで
簡易的に発電を試みました。
なかなか充電がたまらず
痺れを切らしてしまう子もいましたが、
もしもソーラーパネルだけで発電しようとしたら
それだけ作るのに時間がかかる電力を、
私たちは簡単に使っていることに、気づかされました。

その体験の後
「電気って何色なんだろう?」
「電気は重いのかな?」
そんな質問が子どもたちから飛び出し、
身の回りにあるのに実際よくわからない
電気の「存在」について、少し想像したり、感じられるようになったようでした。
 
私たちの生活に切っても切り離せない「電気」と
どう仲良く付き合っていくのか
どう生み出し、どう消費するのか
これからを考えるきっかけとなる貴重な体験を、
コムアイさん、前川さん、ありがとうございました!
よく晴れた日に、またみんなでチャージしてみたいです。

2022.05.21