おしらせNEWS

【アートスクール】フォトレポート「みんなでこねこねkonel水餃子教室」菊池隆樹 / konel料理係 (2022.9.11)

本日は、渋谷にある「捏ねる」ことをコンセプトにしたイタリアンレストラン
konelの菊池隆樹さんによる「みんなでこねこねkonel水餃子教室」を開催しました。

お店のシグネチャー料理である「konel水餃子」。
一般的な中華の水餃子とは異なる、イタリアン餃子の写真を見て、
あんな形初めて見た〜!と驚く子どもたち。

konelさんは、通常、小学生以下のお子さんは食べにいけないお店ということもあり
この水餃子は普段ほとんどの参加者が食べることができない
とても貴重な料理を作って、食べられるという講座となりました。

お店と同じ食材を使って、
皮生地をこね、生地を休ませている間に今度はタネをこね。
色々こねこねしながら、水餃子を作って行きます。

初めは菊池さんに教わった形で包んでいましたが
包み始めると、それぞれ創作力が止まりません。

オリジナリティ溢れる形で包んだのですが、
実は本当にイタリア料理であるパスタの形だったりして。
何も見てないのに本場と同じデザインを生み出す子どもたち、さすがでした!

数個は食べたものの、残りは家族に食べてもらいたい!と、
おうちに持ち帰りたいお子さんがほとんど。
みんな自分だけで独り占めせずに、
家族思いの参加者ばかりで感心させられました。

料理をしたことがない子や、すでに習い事として料理を学んでいる子、
餃子を包んだことはあるけど、皮から作るのは初めての子など
小学生から高校生まで経験値と年代にかなりの幅がありましたが、
「正解なんてなく、みんな、楽しんで作ってくれたらいいよ!」と菊池さん。
柔軟でおおらかに対応くださり、感謝しかありません。

シャイな参加者ばかりだったので、みんながどう感じてくれていたのかなと思っていましたが、
お迎えにいらした親御さんに、「今日、とっても楽しかった〜!」と
笑顔で伝えて帰っていくシーンをたくさん見られて安心しました。

菊池さんから教わった皮からイタリアン水餃子、
おうちでもぜひチャレンジしてくださいね!

2022.09.11