おしらせNEWS

【アートスクール】フォトレポート「「大好きな人へクッキー缶のプレゼントをつくろう。」勝本真理 / パティスリー レ モワノー オーナーシェフパティシエール (2022.7.10)

今日は、パティスリー レ モワノー オーナーシェフでパティシエールの勝本真理さんの京都のお店とDTCをオンラインで繋いで、アートスクールを行いました。

みんながそれぞれ考えてきた、誰にクッキーを贈るのかを、自己紹介も兼ねて発表し、クッキー作りがスタート。

勝本さんからは、まず一言。
「お菓子作りは、材料の計量もきっちり行わないと、出来上がりが大きく左右されます。」
そう、お菓子作りは繊細な作業なのです。

無塩バターを混ぜる、卵を入れて混ぜる、薄力粉をふる、どれも力がいる作業で黙々と作業が進みます。途中経過はカメラを通して、勝本さんに都度確認。どの過程も大切なんですね。

そして、やっとたどりついたクッキー生地絞り。
勝本さんがモニター越しに見せてくださった、丸い型やハート、クマの作り方がかわいい!丁寧に教えていただいたので、みんなしっかり型を作ることができました。

クッキー型ができたら、ジャムやアーモンド、カシューナッツなどを自由にトッピング。クッキーの型、トッピングとここがオリジナルクッキーの大事なところなので、みんな集中モード。黙々と作業をする様子に、勝本さんも驚かれていました。

そして、肝心のクッキ-の出来具合は...
ジャーン、みごとみんなきれいに焼きあがりました!
焼き上がったクッキーは、缶につめて、メッセージを書いたカードも添えて、ラッピング。

それぞれの大好きな人にあてた、とっておきのプレゼント、どんな顔をして喜んでもらえたのでしょうか?みんなが今日のことを話しながら、また楽しくクッキー作りをしてもらえたら、嬉しいです。

勝本さま、お忙しい中、ありがとうございました!

2022.07.10