おしらせNEWS

【アートスクール】フォトレポート「「美味しい」ってなんだろう?」芳賀龍 / 料理人 (2022.5.8)

みんなが普段感じている「美味しい」という感情は一体どこから来るのでしょうか?5/8(日)は料理人の芳賀龍さんをお招きし、「美味しい」を考えるアートスクールを開催しました。
どんな食材を使っているか、どう組み合わせているのか。うれしいことがあった日に食べたもの。好きなひとと一緒に食べること。記憶や感情、場所、国の文化など、さまざまな要素が「美味しい」を作り出しているのだと、芳賀さんからお話を伺います。

 

その後、市場で仕入れた季節の果物や、ハーブ、芳賀さんがお店で使用されているメレンゲやオイルを使い、一人一皿のデザート作りがスタートです。早速アイデアが浮かび調理を始める子や素材を目の前に何を作れば良いのかわからず戸惑う子。さまざまな反応が見られましたが、触れて、香って、想像しながら、最初の一皿が完成しました。

 

芳賀さんから一人ずつ丁寧な講評をいただいた後、デモンストレーションで3皿のデザートを見せていただきます。プロフェッショナルな所作に興奮しながらも熱心に見入りる参加者のみなさん。同じ素材を使っているとは思えないデザートたちに舌鼓を打ちながら、どうしたらより「美味しい」に近づくのか、料理をする際の芳賀さんの思いを伺います。

 

お話をふまえて行われた2回目の調理では、食べるひとのことを想像したり、食感や魅せ方など、1回目では表現しきれなかった「美味しい」をさまざまなアプローチで作るデザートができあがりました。参加者一人ずつの思いや言葉を丁寧に汲み取っていただきながら、食だけではない、全ての物事に通ずるお話を優しく、じっくりと伝えてくださった芳賀さん。「美味しい」の真髄に触れる、気づきの時間となりました。

2022.05.18