ミート・ザ・クリエイターズMEET THE CREATORS

1/13 (水) 料理家 / 夏井景子

「*<オンライン>ミート・ザ・おやつ* 16:00〜17:00『ふかふかの肉まんとあんまんを作ろう!』」

<2021/1/7追記>
*こちらの講座は、Instagramのライブ配信という形態で開催いたします。
 内容もあんまんづくりに変更して行います。

寒い季節にほうばる肉まんの美味しさは格別ですね。
生地から肉まんを手作りしてみましょう。
さっとこねて、具材を包んで蒸したらあっという間に出来上がります。
今回は肉まんとあんまん両方の具材を用意するので、お好みで具材を入れてくださいね。
みんなで熱々の肉まんをほおばりましょう。

*オンライン講座の受講方法はこちら

−−−−−

作り方用意する材料(3個分)
・薄力粉 70g
・強力粉 30g
・ドライイースト 2g
・ベーキングパウダー 2g
・砂糖 10g
・塩  少々
・油(くせのないもの) 小さじ1
・あんこ 80g
・黒すりごま(あれば)大さじ1
・ぬるめのお湯 55cc

<皮生地づくり>
1、薄力粉、強力粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩をボウルに入れ、よく混ぜます。
混ざったところで、ドライイーストを追加し、さらによく混ぜます。
全部が混ざったら、ボウルの中で粉をドーナツのように、真ん中に穴をあけておきます。
2、穴にぬるま湯を注ぎ、さいばしなどで中心から粉を少しずつ混ぜていきます。
3、ぬるま湯を混ぜたら、油を入れ、手を使ってさらに混ぜていきます。
時々生地を中から開いて、さらに混ぜると全体にまんべんなく混ざります。
4、生地の粉っぽさがなくなり、手につかなくなったら、ボウルにラップをかけ、15分寝かせます。
*寒い時は、さらに大きめのボウルにぬるま湯を入れ、湯煎のようにするといいです。

<あんこづくり>
1、あんこ、すりごまをよく混ぜ、4等分にわけ、丸めておきます。

<あんまんづくり>
*ここからIGTVに動画がありますので、参考にご覧になってください。
1、生地を15分寝かせ、表面に少し気泡のあとができて、弾力があればOKです。4等分しておきます。
2、4等分した生地を手のひらを使い、伸ばしていきます。この時、中央部分は山のようにして厚みを残しておきます。
3、伸ばした生地の山の部分にあんこをのせ、まわりの生地を伸ばすようにして包んでいきます。
*生地を手のひらに乗せる際、少しすぼめておくと包みやすいです。
4、包めたら、包み口を下に向けてクッキングシートにのせます。
5、せいろや蒸し器で12分ほど蒸せば、出来上がりです。おいしいあんまんを召し上がりください。

夏井景子 / 料理家

新潟生まれ。お菓子の専門学校卒業後、ベーカリー、カフェで働き料理研究家として独立。2014年から季節の野菜を使った少人数制の家庭料理の料理教室を主宰。毎年冬にはキムチ教室を行っている。

その他のクリエイター≫     voiceページへ≫