WORKSHOPアートスクール

2024/4/14 sun. 14:00~16:00

『切り紙ってなんだろう?何ができる?』

矢口加奈子 / 美術家・切り紙作家

「切り紙」って、知っているようで知らないこの遊びのような学びのような、古いような新しいような、紙を折って切って開くとそこに現れるカタチ。
思いもよらないカタチができあがる面白さでこの日、この時をそれぞれに切り紙で記憶してみる。
好きな色、好きなかたちを探して風にゆれるモビールを制作してみよう!

 

お申し込みは終了しました

講 師

矢口加奈子 / 美術家・切り紙作家

一枚の紙を折り切り開く「切り紙」を紋様芸術としてとらえ、平面、立体、空間として探究追求する制作活動を展開。ART,DESIGN,CRAFTと分野の垣根なく作品を発表し、個展やPOPUPを始め、企業とのコラボレーションや著作物の出版、国内外での展覧会やワークショップなどで表現活動の場を広げている。

Voice

講師からのメッセージ

どんなことがどんなふうにこの先に関わってくるのか。些細な体験や日々の出来事、人との出会いのすべてが、その人を形成していく要素です。私は偶然、「切り紙」というライフワークに出会いました。この巡り合わせに感謝していつも制作しています。
どこかに属さない生き方は、結構様々なことに遭遇しますが、いいことも悪いことも全部受け止めたり受け流したりして強く面白く生きていくというのも選択肢のひとつ。それぞれの生きる道を見つける出会いがありますように。

アートスクール一覧へ戻る