おしらせNEWS

バレンタインも間近にせまった週末に行われたアートスクールは、アラキミカさん、中村亮子さんからなる料理創作ユニットGomaさんをお招きし、自由な発想でへんてこチョコを作りました。
IMG_0432

 

チョコレートの下準備、今日使う分量を50℃前後のお湯で温めて溶かします。あま〜い良い匂い!
IMG_0441

 

 

 

Gomaさんの本でも紹介されている、葉っぱチョコ!
生の葉っぱを型として使うなんておしゃれ〜!
IMG_0453
IMG_0442
IMG_0484
「GomaのPOPスイーツ」(講談社刊)より

 

 

 

Gomaさんのデモンストレーション、ドットの葉っぱや、ドライフルーツなどでデコった葉っぱ。竹くしを器用に使って丁寧にチョコを広げていきます。みんな一度作業に集中するとついつい没頭しちゃいますね。
IMG_0475
IMG_0494IMG_0499

 

 

 

そして豆腐の空き箱などを使ってもチョコを作りました。
IMG_0439
IMG_0510
IMG_0486
IMG_0524
IMG_0422
「GomaのPOPスイーツ」(講談社刊)より

 

 

 

チョコペンでメッセージやデコレーションをたします。
もらった方は嬉しいでしょうね〜
IMG_0516
IMG_0537

 

IMG_0533
IMG_0540
IMG_0544
▼GomaさんからのVOICE

 

 

週末を、DTCで過ごてみてはいかがでしょうか?

アートスクールに関して

 

 

今回のアートスクールは、広告写真やテレビコマーシャルなどでご活躍され、さらには世界中の美しい自然の姿を撮影し続けている写真家・広川泰士さんによる大判フィルムカメラの授業が行われました。
大判カメラを持ち、さっそうと代官山の街を歩く広川さん。
IMG_0273

 

 

ほ〜左右も上下も逆転して見えるんだ!
IMG_0231

 

 

 

今日はフィルムの代わりに8×10サイズの印画紙をフィルムホルダーに入れてあります。街を散策して撮影しネガを作り、DTCに特設した暗室で現像とポジを作りましょう。
(左 : ネガティブ/通称ネガ  右:ポジティブ/通称ポジ)
IMG_0223
(ネガとは撮影したフィルムを現像したときにできる画像で、白黒写真では被写体と明暗が逆転、つまり目で見たときの、明るいところが黒、暗いところが白となる)

 

 

 

構図はね〜しゃがんだり、自分の体を動かして探すんだよ。
IMG_0242IMG_0244

 

 

さ〜準備が整いました。暗幕をかぶり構図を確認してみよう!
IMG_0252
この光景には広川さんもおもわずパシャり!
代官山の街角で大判カメラで撮影する小学生。
IMG_0255のコピー
IMG_0262IMG_0266IMG_0269IMG_0300

 

 

 

ローアングルからあおります。
授業に来るときにすでに撮影したいポイントを考えていたようです。
IMG_0308
IMG_0319

 

 

 

セーフライトが灯る赤い怪しげな空間の中、薬品の独特な匂いがただよいます。暗室での作業っていうのがね〜像が浮かび上がってくる瞬間が本当に楽しくて!
IMG_0333
IMG_0348

 

 

 

現像が終わったら、印画紙に入った薬品を取り除くため、水洗します。
IMG_0351
IMG_0355

 

 

 

水洗後、乾かしてようやくネガの完成となります。自分で現像し、ネガ作りをするなんて貴重な経験でした。
IMG_0366
IMG_0367

 

 

 

最後は講評会です。
「広川さんは何で写真家になって、どうやって長くやりたいことを続けていられるんですか?」という質問が高校生から投げかけられました。
「はははは。なんでだろうな〜若い時、暗室作業が楽しくって楽しくって、ほとんどの時間を暗室で過ごしていたからね〜。そこで写真に魅せられちゃったんだよね。」
IMG_0397
IMG_0385
IMG_0390
IMG_0391

 

 

すでに当日、自分で撮影や現像をした写真を、額に入れてお家に飾ってくれている参加者もいます。写真って、時間や記憶、偶然性やその時感じた気持ちなどざまざまなものを残せるんですね。広川さん、アシスタントの皆さん、貴重な体験を与えてくださりありがとうございました。
IMG_0405

 

 

 

広川泰士さんからのVOICE

 

 

興味のある授業をホームページでチェックして、遊びに来てくださいね!

アートスクールに関して

 

 

今回のアートスクールは、原宿をベースに活動しているフードやドリンクのケータリングサービス、ケータラーの塩井るりさんをお招きし、生の野菜やフルーツを使って美味しさや美しさを体験する授業を行いました。

IMG_9474
IMG_9485

 

 

栄養豊富で体にも良く、色鮮やかで目にも優しいお野菜や果物たち。
IMG_9464
IMG_9465IMG_9466

 

 

 

わああ。これを使ってどんなジューズができるのかな〜楽しみ〜!
IMG_9512

 

 

 

しましまビーツ!こんな野菜食べたことない!という声が多かった野菜。
ビーツは食べる輸血と言われるほど、栄養豊富なんだとか。免疫力を高め、整腸作用、便秘解消、貧血予防などの効果もあるようです。
IMG_9507

 

 

「さ〜てこの大きな葉っぱは何だ?ヒントは青汁を作るときの葉っぱです。」と、るりさん。
栄養に富み、ビタミンの含有量は緑黄色野菜の中でも多いんだとか。
大きな葉っぱでたくさん太陽からの栄養を蓄えているんでしょうね〜
IMG_9497
IMG_9509

 

 

 

どんな味がするのかな〜?まずは全部の野菜と果物を試食してみよう!
IMG_9494
「素材の味がわかったところで、クイズです。このジュースはなにで作ったでしょうか?ここにある3種類の中からだよ。わかるかな?」味覚や匂いや色を頼りにみんなで考えてみましょうと、まずはるりさんが作ってきてくださったジュースを試飲。
「つぶつぶが見えるからキウイは入ってるな〜」「なんかバナナの匂いするよね」など、様々な意見が飛び交い盛り上がりました。

IMG_9517
IMG_9511
IMG_9518

 

 

味見をしたことによって、自分の作りたいジュースの味のイメージがわきましたよね!選んだ素材をスプーン一杯の重曹が入ったお水で洗いましょう。IMG_9526

 

 

 

さーいよいよ、みんながそれぞれ選んだ野菜や果物をジューサーやミキサーに入れるよ!どんな味になるかな〜
IMG_9538
IMG_9537
IMG_9548

 

 

 

そして完成!見てください!この綺麗な色!
選んだものによって、味も匂いも違ければ、色もこんなに違っています!
自然界の恵み、鮮やかできれいな色ですね〜そして体にも良いとは・・・最高。
IMG_9594

 

 

 

そして最後はみんなで試飲会。お家でも是非作って家族で楽しんでみてくださいね。
IMG_9575
IMG_9586

 

 

食育を通して子供達を育む、塩井るりさんの授業はそんな言葉がぴったりの時間となりました。
IMG_9581

 

 

 

塩井るりさんからのVOICE

 

 

興味のある授業をホームページでチェックして、遊びに来てくださいね!

アートスクールに関して

 

 

年が明けて一回目のアートスクールは地下にある多目的室が素敵な劇場へと様変わり!
今回、音楽家のコシミハルさんをお招きし、優雅で美しい、古い音楽の世界を覗かせていただきました。
IMG_9529

 

 

 

スポットライトを浴び舞台のマイクで自己紹介。どんな授業がはじまるのか期待が高まります。
IMG_9164

 

 

 

心地よいBGMの中、外国の物語を読み合わせる朗読会が始まりました。
大きな声で読み上げてくれたみんなの素直な表現に「素晴らしい。みんなの方が大人よりも上手かもしれないな〜」とコシミハルさん。
IMG_9189
IMG_9193
【誰も死なない】著者トーン・テレヘン(オランダ)

 

 

 

ピアノに合わせてシャンソンを歌い、歌いながらダンスも練習。みんなあっという間に振り付けを覚えました。
IMG_9216
IMG_9195IMG_9226
IMG_9240
【ブン】シャンソン歌手/シャルル・トレネ(フランス)

 

 

小さな舞台を使って、出演者になったり、観客になったり。
人前で歌うのはちょっぴり恥ずかしいけれども、参加者の中にはミュージカルに出演したり、演奏会で舞台に立ったり、フィギュアスケートを習っていたりと、すでに表現者としての経験のある子たちでした。
これからのみんなの成長が楽しみですね。
IMG_9172
IMG_9549
IMG_9588

 

 

音楽家として振付けや演出も手掛けてこられたコシミハルさんと過ごした時間はみんなの心に、音楽を全身で感じるという楽しみを教えてくださり、大変貴重な時間となりました。
IMG_9585

 

 

 

コシミハルさんからのVOICE

 

 

興味のある授業をホームページでチェックして、遊びに来てくださいね!

アートスクールに関して