ミート・ザ・クリエイターズMEET THE CREATORS

11/10(水)スタイリスト / 細沼ちえ

「16:00〜19:00 『いつも着ている服でいつもと違う自分になってみよう 』」

自分がいつも着ている洋服と自分自身ををじっくり観察して洋服の着方を考えてみよう
その服もしかして逆に着て見た方が格好いいかも?
ベルトをリボンにしたら可愛いかも?
ボタンを開ける?閉める?リボンをつける?はずす?
シャツを入れる?出す?重ねる?透けさせる?裾を切る?結ぶ?

ちょっとした事でもいつもと違って見える事をしてみたら
新たな自分を発見できるかも!
十人十色みんな違ってそれがいい
ワクワク楽しくなっちゃう服の着方を考えてみましょう

*最大4名までの入れ替え制でおこないます。

細沼ちえ / スタイリスト

2009年よりフリーのスタイリストとして
雑誌,広告、CM、カタログなどを中心に活動中
最近はプロップスタイリングなども手がける

15カ国以上を旅してきた経験から
明るい服を着ている人の方が陽気な人が多い事を体感し
日本の”普通”とされている事や物事に疑問をもってます
色が与える心理的影響、自分らしく好きな服を着る事、好きな空間にいる事で
変わる心理の変化などをスタイリストとして世の中に伝えていきたいと思ってます

Voice

通勤時間に電車に乗ると満員電車に揺られながら
同じ様な服を着て、下を向いて(携帯触りながら)同じ方向にゾロゾロと歩いているたくさんの大人がいます
それはベルトコンベアーに乗せられた荷物のように、人間なのに機械のように見えてしまいます
幸せなのかな?

海外を旅していると街中であなたの洋服素敵ね!そのスニーカーNICE!など、よく声をかけられ
言葉が通じない国でもそこからジェスチャーなどでコミュニケーションが始まります
色んな国に行き、ファッションはコミニュケーションのツールでもあると体感しました
私の個人的な体感ですが、明るい服を自由に着ている人たちは気持ちも陽気な人が多いと感じました
色のパワーって思っいる以上にありますよ
元気がでない時、雨や冬の日、自分や周りの空気が重たい時こそ明るい服を着てみてください
不思議と元気が出てきます

ぜひ自分の選んだ服に自信を持って洋服を着て下さい
他人の目を気にし過ぎず
楽しいことを想像して服を選んでください
そして、いつもと違う事に躊躇せず
まずは、やってみましょう!
服を着る事は自分を表現する事の一つ。
誰にもできない発想をしている自分に自信を持って
あなたしか表現できないファッションで自分も周りのみんなも元気にしてしまいましょう!

その他のクリエイター≫     voiceページへ≫