ミート・ザ・クリエイターズMEET THE CREATORS

5/18 (月) 山口有紗 / 小児科医・児童精神科医

「11:00〜12:00 『 DTCオンラインこころのケア』」

こちらの講座は、当日Instagramのライブ配信という形態で開催いたします。
ぜひ、お気軽にご参加ください。

長い休校や外出自粛生活が続き、友達と会えない、居場所がない
いろんな悩みやストレスを抱えた子どもたちのメンタルヘルスケアを、
子どもと家族の心のケアがご専門の山口有紗先生に、
Instagramのライブ配信を使い、オンライン上でお答えいただく時間です。

この新型コロナウイルス感染症流行に伴う、
日々の様々な悩みや不安、イライラやストレスとどう向き合って乗り切れば良いのか、
またはSOSの出し方や、専門の相談先など、アドバイスをいただく予定です。

<参考>
リラックス方法
https://www.ncchd.go.jp/news/2020/6faff78c4550746f93e6425d8b4d572773f4bb77.pdf

◎相談場所
チャイルドライン(18歳までの相談窓口)
0120-99-7777(PM 4:00-7:00)
https://childline.or.jp

よりそいホットライン(どなたでもご相談可)
0120-279-338
https://www.since2011.net/yorisoi/

189(不安を感じたら)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/dial_189.html

<講座参加方法>
事前にInstagramのストーリー上で質問箱を用意しますので、
そちらにご質問いただくか、当日ライブ配信を見ながら、コメント欄でご相談ください。
*質問箱の質問については、個人が特定されないようプライバシーに配慮して行います。
*ライブ配信上でのご質問は、アカウント名が出てしまいますので、あらかじめご了承ください。

*インスタライブ配信を見るには

①当日、講座の開始時間になったらご自身のインスタグラムアカウントのフィード画面、
もしくは代官山ティーンズ・クリエイティブのアカウント@daikanyama_tc
アクセスし、DTCのアイコンをタッチ!
(インスタライブが配信されている最中は、アイコンがピンク色の枠で囲われています。)

②お手持ちのパソコンかスマートフォン、タブレットなどでご受講いただけます。
配信時間内での出入りは自由です。コメントやスタンプで、ぜひお気軽にご参加ください!

講座終了から24時間以内はアーカイブ配信を行う予定です。
見逃した方や、もう一度見たい方は、ぜひご覧ください。
また、内容によっては編集したライブ配信動画をフィードにシェアする場合もございますので、ご活用ください。

*オンライン講座を受ける際のポイント
・声や映像が途切れないように、インターネット環境が整った場所でご受講ください。
・周囲の方の迷惑にならないよう、イヤホンのご活用をおすすめします。
・タブレットで受講される方は、必要に応じ、スタンドや三脚を利用されることをおすすめします。
・事前にInstagramのセッティング(アプリのダウンロード、アカウント登録)をお願いいたします。
・代官山ティーンズ・クリエイティブのアカウントをフォローしていなくてもライブ配信をご覧いただくことはできますが、
フォローいただき通知をオンにするとライブが配信された際にお知らせが届きますので、よろしければフォローお願いいたします。
・講座によって、事前に材料やレシピを公開いたしますので、ライブ配信を見ながら一緒に作ってご参加いただくことも可能です。
必須ではありませんので、無理のない形でご参加ください。

 

山口有紗 / 小児科医・児童精神科医

小児科医師。専門は子どものこころ。
目指しているのは、「子どもとその周囲が、少ししんどいときにこそ、安心してつながることのできる社会」。
高校を中退後、単身渡英し、ロンドンのインド人病院でボランティアを行う。
帰国後は京都で働きながら児童養護施設や不登校の子どもとかかわる。
大学入学資格検定に合格後、立命館大学国際関係学部で開発支援や母子保健を学び、約30の国や地域を歴訪。
卒後山口大学医学部に編入し、医師免許取得。国立国際医療研究センター病院小児科コース研修医、東京大学医学部附属病院小児科、茅ヶ崎市立病院小児科を経て、2017年4月より国立成育医療研究センターこころの診療部や児童相談所などで子ども・家族のこころの診療に従事。
診療の傍ら、子どもに関わる多様な専門家がつながるコミュニティ「こども専門家アカデミー」を主宰している。

Voice

強さよりも、弱さがあるからこそ見えるものを信じています。
10代のころは、学校をやめたり、家を出たり、引きこもったり、人が怖くなったり、かと思うと海外に飛び出してみたり、迷惑ばかりかけた日々を過ごしました。でも、だから気づいたことや、出逢えた人がたくさんいます。
人のつながりによって生かされてきたからこそ、今度は人のつながりを支えられたら。
みなさんと出逢えることを楽しみにしています!

その他のクリエイター≫     voiceページへ≫