アートスクールART SCHOOL

276『五感で感じて、考える。仕事と暮らしをつなぐもの in 埼玉県小川町』

柳瀨武彦 / コピーライター、PEOPLE店主
柳田大地 / 農家

コピーライター兼喫茶店オーナーと農家。
そんなまったく異なる背景を持つ二人が暮らし、働く埼玉県小川町。
そこは代官山から2時間弱の小さな盆地だ。


それぞれの仕事場を見て、野菜を味わいながら一緒に話をして、
二人の仕事や生活の考えに触れてみる。
働くってなんだろう。暮らすってなんだろう。
これからどんなことをしていこう。
きっと、大人になるのがますます楽しみになる二日間が待っている。

*こちらの講座は10/25(月)との連続講座です。
両日ともご参加いただける方を募集いたします。

◎スケジュール
▼10/25(月) 16:00〜18:00 @DTC
小川町、講師の紹介、参加者とのディスカッション
11/3に向けたオリエンテーション

▼11/3(水・祝)9:00〜17:30 @小川町
9:00|代官山ティーンズ・クリエイティブ集合
9:20|代官山ティーンズ・クリエイティブ出発
9:30|代官山駅より出発
11:00|小川町駅到着
11:00-11:10|小川町駅→Sou Farm(車移動)
11:10-12:10|Sou Farm:野菜収穫・土に触れる・柳田仕事紹介
12:10-12:30|Sou Farm→霜里エリア(車移動)
12:30-13:15|昼食:霜里の川沿いにて ※PEOPLEにてお弁当のご用意があります
13:15-13:30|:霜里エリア→PEOPLE(車移動)
13:30-14:15|PEOPLE:柳瀬仕事紹介・建物の話・お店・企画編集
14:15-15:00|振り返り:仕事紹介の感想、町を見て思ったこと、やってみたいこと
15:00-15:05|PEOPLE→コワーキングロビーNESTo(徒歩移動)
15:05-15:15|コワーキングロビーNESTo見学
15:15-15:20|コワーキングロビーNESTo→小川町駅(徒歩移動)
15:20|小川町駅にて挨拶 ※お野菜のお土産あり
15:44|小川町駅より出発
17:22|代官山駅到着
17:30|代官山ティーンズ・クリエイティブにて解散

◎感染症対策
・参加者・スタッフともにマスク必須といたします。
・当日、出発前に検温を行います。
・手指消毒アルコールはDTC側でも準備し、持っていきます。
・昼食はランチボックスを個々にいただきます。


  • 日 時:2021年10月25日(月)16:00~18:00 (2H)、2021年11月3日(水)9:00~17:30 (8.5H)
  • 対 象:小学生高学年〜大学生*10/25、11/3共に参加できる方のみ 
  • 参加費:1,000円(交通費、保険代込み)
  • 持ち物:汚れてもいい服と靴(11/3)
  • 申し込み期間:2021年10月1日(金)13:00〜
  • 結果通知:抽選制

予約申し込みはこちら


柳瀨武彦 / コピーライター、PEOPLE店主

1986年東京都練馬区生まれ。早稲田大学スポーツ科学部卒業後、広告制作会社に入社。2017年にプランナー/コピーライターとして独立し、2019年にPEOPLEオープン。練馬と小川町の二拠点で暮らしながら、さまざまなプロジェクトや場づくり、ブランディングの企画編集をしている。一児の父。天パ。

https://www.instagram.com/people.jp/

柳田大地 / 農家

32歳。モデル、服飾業界を経て農家へ転身。人間都合の農法ではなく野菜が健やかに育つ手助けとなるよう畑仕事に向き合う。不耕起、無農薬、無肥料で年間約80種の野菜を育て、主に都内各所で本人自ら出張販売を行う。今後は畑を人が集える場所として整え、農が身近にある暮らしの意義や魅力の発信を積極的に行っていきたいと考える。

https://www.instagram.com/sou_farm/


Voice

何をしているかわからない、と言われます。
自分では一貫していると思っていたりします。
どうして東京と埼玉の二拠点で暮らしているの、と聞かれます。
自分なりの理由があったりします。
大地くんのお話は、みなさんの心にいい種を蒔いてくれるはず。
僕はみなさんの目に小川町がどう映るのかとても楽しみにしています。
(柳瀨武彦)

畑は野菜を育む場であり
自分自身を表現する場でもある。
そして何より家族と営む暮らしの場。
だから僕にとっての農家とは暮らし方だと考えています。
それぞれの"農"が皆の暮らしにも根付いていくことを願っています。
(柳田大地)

その他のアートスクール≫     voiceページへ≫