アートスクールART SCHOOL

264『「宇宙人 DE アートセラピー」 宇宙人を描き3D化することで元気体験!』

ショウジョノトモ / 現代美術家

自分がイメージする「宇宙人」を紙に描き、
「この宇宙人を更にハッピーにさせよう」
と思いながら、絵に付け足しをしてください。

服を着せたり、目が増えたり、アンテナを立てたり。
次にその宇宙人を人の形にします。

サンプルのように針金ハンガーを曲げ土台を作らず
お好きな方法などやり方は自由です。


  • 日 時:2021年7月10日(土)14:00〜16:00 (2H)
  • 対 象:小学生以上〜25歳までの学生(小学2年生以下は保護者同伴でご参加ください)
  • 参加費:なし
  • 持ち物:不要なカラーの針金ハンガー、 Tシャツ、新聞紙、雑誌など、自分が作る宇宙人に使えそうだと思うもの
  • 申し込み期間:2021年6月2日(水)13:00〜2021年6月15日(火)20:00
  • 結果通知:抽選制

予約申し込みはこちら


ショウジョノトモ / 現代美術家

ショウジョノトモ(ShojonoTomo)
スキンシップレスによる弊害(SKINSHIP BURNY)をテーマに国内外で活動する現代美術家。
2人で1枚のT−SHIRTを着る「DOUBLE-T-SHIRT」、恋愛をしない若者に向けた「浴衣&祭」、
差別や既成概念打破を目指した「LOVE ALLERGY MASK 」などのPROJECTがある)
[Instagram] https://www.instagram.com/shojonotomo/?hl=ja 

https://shojonotomo.com


Voice

先日電車に乗り、ふと向かい側を見たら
乗客全員がマスクをし、下向きの目線で携帯電話を見つめている姿にゾッとした。
それは同じ物同じ動きを強いられる体育館の朝礼の整列風景みたい。
いつの間にか「自分にしかできないこと」を忘れてしまう依存の光景。
もしあなたが人気者になりたい、いいねの数を増やしたい、バズらせたいと思っていたら
逆にたまに携帯を置いて、周囲を見渡す側になってみましょう。
自分にしかできないことを見つけ、その目標に夢中になれば
他人からどう見られているか(いいねの数やラインの既読スルーとか)がどうでもよくなっていく。
スティーブジョブズは我が子には携帯を与えなかったそうです。
平凡非凡は誰かのイメージ。自分のオリジナルの人生を楽しんでください。

その他のアートスクール≫     voiceページへ≫