アートスクールART SCHOOL

218『Sound Mine Workshop ~音の景色を集めよう~』

細井美裕、今野恵菜・山岡大地 / ボイス・アーティスト、山口情報芸術センター[YCAM]

<5/20追記>
*現状を鑑み、みなさまの健康と安全を最優先するため
こちらの講座は日程変更及び、
ご自宅から参加いただく「オンライン講座」に変更となります。

〈音を聴く〉という行為を捉え直し、
「音」と「空間」について2日間に渡り学ぶワークショップです。
目隠ししたまま歩くなどのエクササイズを通じて、
人間の聴覚の特徴を理解したうえで、
小型のレコーダーを持って身の回りの「音の景色」を収録します。
どんな場所で録音されたのかをみんなで想像することで、
普段当たり前に行っている「音を聴く」という行為に新しい観点をもたらします。

*こちらの講座は「Zoom」というビデオ会議ツールを使用します。
・事前にZoomのセッティング(アプリのダウンロードや登録)をお願いします。
設定についてはこちらをご覧ください。
・講座の録音・録画・撮影は禁止させていただきます。
・18歳未満の方の受講は保護者の方の同意が必要となります。

*講座当日の画面上のみなさまの様子を撮影し、当館HP、SNS、フライヤー、
講師の方の活動報告(主にHPやSNS等)に使用させていただく場合がございます。
こちらの使用目的以外での利用はいたしません。
お名前表示など個人情報はわからない形にいたしますので、
ご協力のほどお願いいたします。


  • 日 時:2020年7月4日(土), 7月5日(日)の2日間
  • 対 象:小学生以上〜25歳までの学生(基本的なPC操作が可能な方、もしくは保護者の方にサポートいただける方)
  • 参加費:なし
  • 持ち物:PC、出来るだけ安定したネットワーク(YouTubeを問題なく見れる程度) iPhone/iPod touch/Androidなど動画撮影が可能な端末(保護者の方の持ち物でもOKです)、 A4サイズの紙、クレヨン
  • 申し込み期間:2020年5月21日(木)13:00〜2020年6月15日(月)20:00
  • 結果通知:抽選制

予約申し込みはこちら


細井美裕、今野恵菜・山岡大地 / ボイス・アーティスト、山口情報芸術センター[YCAM]

細井美裕
1993年愛知県生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。2019年6月、自身の声だけで作られたファーストアルバム『Orb』をリリース。同アルバムに収められた『Lenna』は山口情報芸術センターでの企画『scopic measure #16』およびNTTインターコミュニケーション・センター[ICC]にて展示。2020年第23回文化庁メディア芸術祭アート部門新人賞受賞。https://miyuhosoi.com
今野恵菜・山岡大地/山口情報芸術センター[YCAM]
2003年11月1日に開館した山口県山口市にある「アートセンター」。展覧会や、ダンスや演劇などの公演、ライブ・コンサート、映画上映など、アートに関わる様々なイベントをおこなうアートセンターとして、YCAMでは特に、コンピューターや映像、ネットワークなどの「メディア・テクノロジー」を用いた、新しい作品づくりに力を入れている。キュレーター、エデュケーター、エンジニア、デザイナーなど、多彩なスキルを持つ常駐スタッフにより構成され、市民やアーティスト、研究者、外部のエンジニアたちとともに、コンセプトづくりから作品制作、ワークショップの開発まで行う。https://www.ycam.jp


Voice

音から景色を想像したことはありますか?
たったひとつの音でも、鳴っているものの音と、それを響かせる空間があることがわかります。
音の記憶というのはみんなの経験からできていきます。
同じ音を聞いても、私とみんなは違うものを想像するかもしれません。
今回は山口県にあるアートセンター、山口情報芸術センター[YCAM(ワイカム)]から助っ人を呼びました。
一緒に景色を「聞いて」みましょう!

その他のアートスクール≫     voiceページへ≫