8/17 (木) 東京大学マジックサークル / 東京大学奇術愛好会

「14:00〜17:00 『かんたん!でもすごい!身近なものを使ったマジック!!!』」

自分の手で日常の中に非日常の世界を創る。そんな素敵な体験を共に楽しみましょう。

経験は一切問いません。マジックを見たこともない人でも大丈夫。
ゲームなども混ぜながら、身体の使い方やコミュニケーションの作り方など、
パフォーマンスのいろいろな要素を楽しんでもらおうと思います。

普段は見られない不思議の作り手の世界を、一緒に覗いてみませんか…?

 

 

 

東京大学奇術愛好会 / 東京大学マジックサークル

東京大学のマジックサークル。東大以外の大学の会員も多い。ステージで行う
大掛かりなマジックから、お客様の目の前でお見せするマジックまで、幅広いマジックに
取り組んでいる。学園祭での活動の他に、年間100件ほどの出張公演も行っている。

若林 克也/マジシャン
東京大学奇術愛好会 三年生。
年間約150ヶ回、小さなテーブルで見せるクロースアップマジックから、500人
規模のステージマジックまで、様々な種類の公演。アカペラ系イベントにての  
ゲスト出演や、ジャグラーとの大道芸など、ジャンルを超えたパフォーマンスを
作っている。

伊藤 優/マジシャン
東京大学奇術愛好会 二年生。
中学生の時にマジックを始める。学園祭や外部のホールなど、様々な舞台で演じる他、企業や児童館などにも出張している。マジックをお客様と楽しむことを目標に日々腕を磨いている。

Voice

僕は中学時代からずっとマジックをしていますが、とても熱中できる時もあれば他のことに忙しい時もありました。劇に挑戦したり、バイトに打ち込んだり、受験勉強に時間を取られたりもしました。上手くいかなかったことも沢山あったけど、どれも今の自分に必要だったなあと振り返ってみて思います。みんなにもいろいろなことにチャレンジしてほしい。その一つとして、マジックの世界を楽しんでくれれば。

その他のクリエイター≫     voiceページへ≫