おしらせNEWS

 

8月の「アートスクール」のお申込み受付を
本日7月1日(金)13:00〜スタートしました。

 

8月のアートスクールは

 

・Wearing Art 世界に一つだけの着れるアートT-SHIRTSを作ろう!

・古いものを使って、新しい未来を作ろう!

・ダンスを通して日本の夏を満喫しよう!

 

こちらの3講座をラインナップ!
多様な価値観に出会える機会に、ぜひお申し込みください。

 

——————————————————————————————————-

8月アートスクール
申し込み受付期間:2022年7月1日(金)13:00 〜  7月15日(金)20:00(抽選制)

※毎月2講座までお申し込み可能です。
※定員に空きがあれば、受付期間以降もお申込み可能です。

——————————————————————————————————-

 

●8月11日(木・祝)14:00〜16:00(2H)

『Wearing Art
世界に一つだけの着れるアートT-SHIRTSを作ろう!』

小町渉 / アーティスト


Wataru komachi × jouetie Collaboration

 

対 象|小学生以上〜25歳までの学生
持ち物|汚れても良い服装やエプロンなど
参加費|300円

 

▶︎お申し込み・詳細ページはこちら>>>

 

 

●8月13日(土)14:00~16:30(2.5H)

『古いものを使って、新しい未来を作ろう!』

荘子it(Dos Monos) / トラックメイカー・ラッパー

対 象|小学生以上〜25歳までの学生
持ち物|サンプリングしたいレコードや音源
参加費|なし

▶︎お申し込み・詳細ページはこちら>>>

 

 

●8月14日(日)14:00~16:00(2H)

『ダンスを通して日本の夏を満喫しよう!』

Chikako Takemoto/ダンサー、ビジュアルアーティスト

対 象|小学生以上〜25歳までの学生
持ち物|飲み物、タオル
参加費|なし

▶︎お申し込み・詳細ページはこちら>>>

 

2022.07.01

これまで毎夏の恒例行事だった原っぱ大学が3年ぶりに帰ってきます!

本日13:00より、お申し込み開始しました。

ぜひこの機会にお申し込みください。

>>お申し込みはこちら

————-

夏の遠足 『原っぱ大学であそぼう』

逗子の山の中に、ワイルドなフィールドを所有されている原っぱ大学さんの「村や」にお邪魔して、遊びを1から自分たちで作るイベントです。みんなでつくった秘密基地やピザ窯、深い森や藪、斜面を利用した自然の滑り台に、大きな樹に作られたブランコなど、遊びゴコロを刺激する素材があふれています。ここで何をして遊ぶのか、自由なフィールドと、ちょっとしたヒントと、仲間たち。そして少しばかりの道具と自然に散らばる材料。電気も水道もないこの場所でどう楽しむのか。1日限りのスペシャルで濃い真夏の冒険に出かけませんか?

 

日 時|2022/8/5(金)8:00~19:00  *雨天の場合の予備日:8/26(金)

場 所|〒249-0005 神奈川県逗子市桜山7丁目   GoogleMap

定 員|12人

対 象|小学4年生〜高校3年生

参加費|小学生2,500円、中高生3,000円(昼食代、交通費、保険代込み)

持ち物|羽織れる長袖、ハンドタオル、着替え用のバスタオル、大きめのタオル、着替え、飲み水、ビーチサンダル、ビニール袋、虫除け、軍手、日焼け止め、雨具(できればカッパ)、おにぎり(3つくらい。BBQで焼きおにぎりにしても可)、お菓子、ティッシュ、ハンカチ、マスク予備2枚/必要な方のみ:常備薬・アレルギーなどの薬

服 装|Tシャツ、長ズボン、帽子、汚れていい運動靴、中に必ず水着を着てくること。
*ハチ刺され対策のため、黒色の服・帽子はNG
*上記持ち物は必ずお持ちください。

 

プログラム詳細|

 

事前説明会|2022/7/31(日)13:00より
*参加必須
*代官山ティーンズ・クリエイティブにて
*参加費のお支払いと保険証のコピーをお持ちください。

 

受付期間|2022/7/1(金)13:00 ~ 2022/7/15(金)20:00 抽選制
*渋谷区在住・在学優先
*定員に空きがあれば15日以降も受け付けます。
*受付期間終了後、1週間前後で当落のご連絡をいたします。

 

申込方法|1)こちらから
        2)代官山TC窓口にて

 

▶︎2019年のフォトレポートはこちら

 

原っぱ大学とは|

フィールドで、自宅で。大人と子どもで「遊びを作り出す」学校、原っぱ大学は大人と子どものための365日間の「遊びの学校」です。遊びを自分たちで作るということ。自分たちで感じて、考えて、手を動かして、身体を動かして、失敗して、前進して、またちょっと考えて。こういったプロセスそのものに大人も子どもも身をゆだねることで、作り出す実感とその気持ち良さを親子で感じること。そんな経験を大人と子どもが積み重ねていく場です。https://harappa-daigaku.jp/

 

   

 

2022.07.01