おしらせNEWS

東京アーバンパーマカルチャーを主宰し、
都会での持続可能な暮らしを実践し伝える活動をされている
ソーヤー海さんをお迎えし、東京にいながら自然を感じ暮らすヒントを楽しく教わりました。

野菜や果物から種を取り出し、ペットボトルや紙パックの空き容器に蒔いたあと、
外に出て、フェンスの横などに残りの種を蒔きました。
歩きながら「これはミントだよ」、「ねこじゃらしも種がたくさんあるね」と言った会話が聞こえ、
何気なく歩いている道に潜む自然への気づきが増えたように感じました。
少しでも「自然とともに暮らしているという」という意識を持つきっかけとなったら嬉しいです。
 

2021.07.24