おしらせNEWS

スペシャルウィーク『DTC CREATIVE SESSON 2021』最後のワークショップは
普段、DTCに遊びに来る子どもたちが作る、
様々な工作や絵などの作品を展示する「ティーンズミュージアム」を
インテリアデザイナーの竹田純さんと一緒にデザインし、制作するというもの。

まずは、「インテリアデザイン」について簡単な講義があり、
空間から動線や作品のレイアウトをイメージし、図面に落とし込み、
そこからそれぞれ什器を作りました。

今回の「DTC CREATIVE SESSION」は、
「クリエイティブな力で社会をしていく」というコンセプトがあるので、
このワークショップも基本的に、企業からいただた不用品をベースに作っていきました。

通常は展示作品を引き立てる役割の什器のはずが、
それぞれ個性が爆発し、什器自体もそれぞれ素敵な作品になりました!

最後に、それぞれの什器に作品を展示し、ライティングとサインを入れて完成!
この「ティーンズミュージアム」の展示は3/31までどなたでもご覧いただけます。

また、コンテストのグランプリに贈られるトロフィーも、飾られています。
今回、コンプレックス系折り紙クリエイターで、高専生のヤマモトタオくんが
心を込めて、持ちうる限りの技術とセンスを注ぎ込み、制作してくれました。
ぜひ、こちらもご覧くださいね。

以下、ヤマモトタオくんからの、トロフィーに関するコメントです。
・・・
ユニコーンをモチーフにしたハンティングトロフィーです。
アイデア出しをしている時、将来の期待高い新興企業を意味する
ユニコーン企業という言葉が話題に上り、
これからを担っていく若い世代にぴったりだということで
ユニコーンをモチーフにしました。
頭部と角には特別の色素を持たなくても発色して見える構造色を使っていて、
これからどんな色にもなれる同世代のみなさんに向けて制作しました。
・・・

さあ、この素晴らしいトロフィーを手にするのは誰でしょう?!
コンテストの投票は、今週金曜19日までです!
https://daikanyama-tc.com/creativesession2021/contest/

   

  
  

2021.03.14