おしらせ

 

年に1度のティーンズの創造力の祭典「DTCクリエイティブセッション」の
次回開催日が決定しました!2018年3月25日(日)です。

恒例の「DTCセッション」に加えて、今年はティーンズクリエイターNo.1を決める
コンテストを開催します!

「DTCセッション」とは違って、クリエイターとコラボするのではなく、
それぞれの個性やクリエイティビティを表現・発表して、DTCのイベントらしく
「ティーンズ・クリエイター・オブ・ザ・イヤー」を決めるコンテストです。
ジャンルは問いません。
自分の得意なパフォーマンスを、持ち時間の3分間で表現しきってください。
グランプリに選ばれた人は、アートディレクター森本千絵さんデザインの贈呈品が
贈られます!

審査は来場者の投票に加えて、これまでDTCに関わってくださった講師や、
ティーンズ・クリエイターの方々に審査員をお願いします。

審査員予定:森本千絵さん、山田葵さん、他

出場希望の方は、

件名を「ティーンズ・クリエイター・オブ・ザ・イヤー出場希望」とし
・名前(グループの場合は、グループ名とメンバー名)
・学年(or 年齢)
・学校名
・何を発表するのか(ダンス、歌、バンド、など)
・プロフィール(150字以内)
・プロフィール写真
・意気込み(一言)
・連絡先(メール)
を明記の上、info@daikanyama-tc.comまで、お送りください。

<出場者募集期間>
201711/6(月)〜2017/12/15(金)
(WEBと、窓口で申し込みを受け付けます)

<募集人数>
10組、1組3分程度

2017年12月の「アートスクール」のお申込み受付を、
11月1日(水)13:00〜スタート!

12月のアートスクールは、

・キラキラと輝く世界にひとつだけのキャンドル作り
・しめ飾りワークショップ「鳥お飾りを作ろう」
・浦風親方直伝!相撲ワークショップ!

という3講座をラインナップ!

多様な価値観に出会える機会に、ぜひお申し込みください!

——————————————————————————————————-

申し込み受付期間:11月1日(水)〜11月15日(水)(抽選制)

※毎月2講座までお申し込み可能です。
※ご応募多数の場合は別途ご相談させていただく場合がございます。
※定員に空きがあれば、15日以降もお申込み受付いたします。

——————————————————————————————————-

109

 

12/3(日)13:00~15:30

『キラキラと輝く世界にひとつだけのキャンドル作り』

candle maison / キャンドル空間プロデューサー

 

 

 


▶︎お申し込み・詳細ページはこちら>>>

 

 

 

110

 

12/9(土)13:00~16:00

『しめ飾りワークショップ「鳥お飾りを作ろう」』

ことほき(鈴木安一郎 + 安藤健浩)/ しめかざりプロジェクト

 

 

▶︎お申し込み・詳細ページはこちら>>>

 

 

111

 

12/23(土・祝)14:00~16:00

『浦風親方直伝!相撲ワークショップ!』

浦風冨道 / 公財法人日本相撲協会審判委員、元敷島

 

 

▶︎お申し込み・詳細ページはこちら>>>

 

この夏、TIFFティーンズ映画教室にて、
代官山ティーンズ・クリエイティブを拠点に9日間で中学生たちが制作した4作品が
ドキュメンタリームービーとともに、第30回東京国際映画祭にて上映されました。

参加した中学生たちの勇姿を見届けに、上映会および舞台挨拶へお邪魔してきました。

スクリーンに映し出される4作品と、ドキュメンタリームービーをみて、
普段いる代官山の街やDTCがいろんな形で使われていたり、
こどもたちの9日間の葛藤や焦り、苦しみながらも
きちんと期間内でどのチームも見事完成させた奇跡が映し出されていて、
深く深く感動しました。

舞台挨拶の最後で
「映画は見られるたび、新しく生まれ変わる」と
諏訪監督もおっしゃっていましたが、
見れば見るほどに新しい気づきと、新しい味わいを教えてくれる
フレッシュな映画がまた生まれたこと、
それに、DTCも微力ながらご協力できたこと、
とてもうれしく思いました。

TIFFティーンズ映画教室プロジェクトはこれを持ってひとまず完結ということで、
参加されたみなさん、こども映画教室のみなさん、
関わったスタッフのみなさん、本当におつかれさまでした。