079『 大判フィルムカメラで撮影から現像までを楽しむ 』

広川泰士 / 写真家

機械が全部やってくれるデジカメやスマホは失敗なく写真を写す事ができます。

だけど昔ながらのフィルムを使うカメラは全て自分が手作業で時間と体を使わなければ
仕上げる事は出来ません。
この楽しい体験は皆さんの脳や感性の今まで使われなかった別の部分を刺激する事でしょう。

大判カメラで撮影から現像まで挑戦してみましょう。

 

 

▼当日のフォトレポートはこちら


  • 日 時:2017年4月8日(土)13:00~16:00(3h)
  • 対 象:10歳~25歳までの学生
  • 参加費:500円
  • 持ち物:薬品等をさわるので汚れても良い服装、エプロンなど
  • 申し込み期間:2017年3月1日(水) 13:00〜2017年3月15日(水) 20:00
  • 結果通知:抽選制

予約申し込みは終了しました


広川泰士 / 写真家

1950年神奈川県生まれ。広告写真、TVコマーシャルなどで活躍する一方、ザルツブルグ、パリ、ミラノ、アムステルダム、ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルス、ヒューストン、シドニー、東京他、世界各都市での個展、美術展への招待出展多数。講談社出版文化賞、ニューヨークADC賞、文部科学大臣賞、経済産業大臣賞、日本写真協会賞、日本映画テレビ技術協会撮影技術賞、A.C.C.ゴールド賞、A.C.C.ベスト撮影賞、他受賞。プリンストン大学美術館、ロサンゼルスカウンティ美術館、サンフランシスコ近代美術館、フランス国立図書館、ミュンヘンレンバッハハウス美術館、神戸ファッション美術館、東京都写真美術館、他に作品がコレクションされている。

http://hirokawa810.com/


Voice

皆さんは世界中で唯1人、それぞれ違う才能を持って生まれた天才です。
自分にしかない才能と労力を惜しまず発揮して自分を信じて楽しんで無限の可能性を拡げていって下さい。

その他のアートスクール≫     voiceページへ≫